2013年07月29日

世界初の認知症薬の開発者が語った

ナノキャリアが、激しい下げにさらされて、
ホルダーの方たちは、様々な思いで株価を見ていることでしょう。

日経ビジネスで紹介された認知症治療薬「アリセプト」を
開発者が紹介されました。

あのアリセプトも、たった3人で開発が始まったらしいです。
世界初の認知症薬の開発者が語った処方箋

ナノキャリアはすでにアーリーステージを超えて、製薬会社に向けて着々と開発を進めています。
最近そーせいと比べられる投資家もいるみたいですが、会社の目指す本質が異なるように思います。

ナノキャリアは、核酸の事業展開が始まり、複数の企業と交渉をしていることでしょう。
引く手あまただと思います。

色々なメディアや本など読むと、IPS細胞は再生医療と創薬の二つの柱がありますが、
山中教授は、創薬に重きを置いているように思えます。
IPS細胞そのものが、がん研究の副産物として発見されたに他ならないからです。

詳細はこちら
【送料無料】「大発見」の思考法 [ 山中伸弥 ]

株価と会社の成長は短期的にはリンクしないでしょう。
中長期であれば、必ずふさわしい株価を実現するでしょう。

ナノプラチン、日経の記事ではないですが国の規制緩和を急がないと、
大いなるチャンスを逃しそうです。

安倍さん、きばってや!!





posted by 戦うサラリーマン at 20:47| Comment(0) | がん研究 ヘッドライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月05日

景色の変化

時間が取れず更新するのもままならない1ヵ月でしたが
株式市場の様変わり、為替の様変わり、

そして、ナノキャリアの景色が変わってしまったのに大いに驚いている。
2013/5/22 名古屋で行われた個人投資家説明会

今後の動きを示唆する、投資家冥利に尽きる内容でした。

明確なビジョン:スペシャリティーグローバルファーマ(ナノミセルを中心とした製薬企業)
進捗:NK105、ナノプラチン、ベルケイドの位置づけ
新しいステージ:核酸とタンパク、センサーミセル

海外での知名度:国内より海外での知名度が高い(モルガンスタンレーが絡んでますね)
そして 「M&A」 ・・・私は、以前からアトピー、アレルギー治療を改善してほしい。

最近貸し株のことがYahoo掲示板で話題になっていますね。
他は知りませんが、私の知っているKabu.comでは、外資系証券会社に貸していると記載があります。kabu.comは東京三菱UFJ系列ですから、モルガンですね。今月の貸し株金利も調べてみます。

それにしても、核酸とタンパクが、IRの内容としてリリースされたことうれしいですね。株価のステージは・・・ですが、企業の体力、価値は飛躍的にステージアップしました。そしてナノプラチンのP2の進捗。そして秋にはP3を開始って、申請そのものは7月〜9月ということでしょうか。

そしてアルビオンです。
研究材料だけで数千万、もしかすると本当に化粧品だけで黒字転換もあるかもしれません。

皆さんの楽しみの分割ですが、私は10分割だと思っています。
そのために株価を押し上げる必要がありますが、その後のお金をあまり使わないM&Aのためには100万以上での10分割発表、そして株式交換でのM&Aですね。そして年末にn×100の再分割です。

最初のM&Aは、今後の大株主になる可能性もあり、将来のパートナーになれる企業と人物であると思います。ウィズと信越がいるので経営サポートは万全と思いますが、注目していきたいですね。
密かに上場企業であればシンバイオの可能性ある気がしています。時価総額100億チョイ。
空白の治療領域分野も薬の再生を技術として持つナノキャリアと相補関係を築けます。

ウィズの戦略恐るべし・・・。


このblogは、ナノキャリアの成長のトレースでもあるので
今までの、素晴らしいIRや動きがあったのは、少しずつトレースはしていきたいと思います

※現在100株オーナーは将来資産家になれるか・・・?
私はなれると思う。
posted by 戦うサラリーマン at 22:00| Comment(0) | がん研究 ヘッドライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月02日

貸株金利

kabu.com
恒例の5月の金利が発表されました。
ナノキャリア 3.5% → 3%
ガンホー 5% → 4%


2337 いちごグループホールディングス 5%
3765 ガンホー・オンライン・エンターテイメント 4%
6723 ルネサスエレクトロニクス 3%
6753 シャープ 3%
4571 ナノキャリア 3%
3665 エニグモ 3%
2370 メディネット 2.5%
2397 DNAチップ研究所 2%
6072 地盤ネット 2%
6054 リブセンス 1.5%
posted by 戦うサラリーマン at 09:00| Comment(0) | がん研究 ヘッドライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月01日

薬事法改正

2013年5月1日 (水)

【自民党・合同会議】薬事法改正案、再生医療新法案を了承‐作業 が終了次第、国会提出へ

自民党の厚生労働部会医療委員会・薬事に関する小委員会合同会議は4月26日、厚生労働省が提示した 「薬事法改正法案」と「再生医療新法案」を大筋で了承した。同会議 は、「この方向に沿って引き続き法 案化作業を精力的に進めることを要 請する」とし、厚労省の法案作成作 業が済み次第、両法案の今国会提出 に向けた党内手続きを進める。 厚労省がこの日の会議に提示した 検討中の薬事法改正案では、製薬企 業が最新の知見に基づいて作成した添付文書を、厚労大臣に届け出る制 度にすると共に、届け出た添付文書 を直ちにWebサイトに掲載することとしている。

**********
Made in Japan Project が動き出します。
実は日本の国家戦略は、今までも様々な成功を収めています。

その1
国民所得倍増計画(1960年)策定のための経済審議会産業立地小委員会報告において、既存の四大工業地帯にボトルネックの弊害が発生していたことから、瀬戸内海沿岸、静岡県などこれらの中間に新たな工業地帯を形成することにより、ベルト上の太平洋沿岸地域全体を工業立地の中核とするといういわゆる太平洋ベルト地帯構想が提唱されたことに由来する。

その2
情報スーパーハイウェイ構想。インターネット環境、携帯回線網の構築です。
通信バブルと呼ばれる。当時は評価されていなかったが、交換機のスペックが間に合わず
沢山の光ファイバーが日本中に張り巡らせられた。

その3
薬事法改正・・・目指すところは海外からの医療関係の輸入2兆円を、輸出へ転換するもの。
人口構成が激変していく日本から発信する、先端高齢化社会での医療費の圧縮と、長生きで
働きながら治療し、生涯のQOLを真っ先に実現する日本。

日本の官僚は、頭が良すぎるのです。
だから悪いこともするし、国民から搾取しようともする。
でも、一旦動き出したら、政治家と違い、必ずややり遂げてくれるでしょう。

posted by 戦うサラリーマン at 22:16| Comment(0) | がん研究 ヘッドライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月03日

ロスカット狙い撃ち

相変わらず、短期筋と、長期筋の戦略の違いですね。

短期筋のロスカットラインは、3%〜5%あたりでしょうか。
本日355000当たリで飛び乗った人たちの3%にかかる、344000辺りから
ぽろぽろと投げさせられていますね。

JPMなど株数を集めたい筋には本当にやりやすい相場なのだと思います。
短期の株価は実態を表すわけではないけれど、長期で見た場合は
必ず実態に基づいた株価に収斂していきます。

みなさんは何を思い、どのような未来を実現したいのでしょうか。
ナノキャリアの本質は何も変わっていないというのに・・・。
将来ナノプラチンのお世話になる可能性が高いですよ。

シスプラチンの適用範囲は広いです。
もちろんナノプラチンの適用も拡大していくことが考えられます。
ナノキャリアからはナノプラチンの適用拡大を進めるとアナウンスもありました。
ナノプラチンが、最も重要なパイプラインに位置づけられている理由です。
wikiより
 睾丸腫瘍、膀胱癌、腎盂・尿管腫瘍、前立腺癌、卵巣癌、
 頭頸部癌、非小細胞肺癌、食道癌、子宮頸癌、神経芽細胞腫、
 胃癌、小細胞肺癌、骨肉腫、胚細胞腫瘍(精巣腫瘍、卵巣腫瘍、性腺外腫瘍)
 悪性胸膜中皮腫・・ペメトレキセドと併用
 
 以下の悪性腫瘍に対する他の抗悪性腫瘍剤との併用療法
 悪性骨腫瘍、子宮体癌(術後補助化学療法、転移・再発時化学療法)・・・ドキソルビシンと併用
 再発・難治性悪性リンパ腫、
 小児悪性固形腫瘍(横紋筋肉腫、神経芽腫、肝芽腫その他肝原発悪性腫瘍、髄芽腫等)
 
 M-VAC療法(シスプラチン、メトトレキサート、ビンブラスチン及びドキソルビシンとの併用療法)
 尿路上皮癌

フィッシャーの「超」成長株投資―普通株で普通でない利益を得るために


ナノキャリア20130403.bmp


posted by 戦うサラリーマン at 21:06| Comment(4) | がん研究 ヘッドライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。