2012年10月01日

NC-6004ナノプラチン 新規ライセンス及び出資契約の覚書締結を発表

2012/10/1
NC-6004ナノプラチンレジスタードマークに対する新規ライセンス及び出資契約の覚書締結を発表。同時に2013年3月期上期及び通期会社予想の上方修正を行った。

ナノキャリアが、いよいよ創薬ベンチャー企業から製薬会社への一歩を踏み出したと考えられます。
今回の内容は、未来に対して含みのある内容になっています。
ライセンス先に、日本、中国、インドが含まれないこと・・・人口最大国家が販売権に含まれていません。
私の希望としては、直接販売に踏み切って欲しいと願っています。

■アジア地域(日本、中国、インドを除く、以下同様)を対象とするNC-6004の開発及び販売権のライセンスを付与した従前の契約に替えて、新たに製造権を含むライセンス契約を締結する
■新たなライセンス契約では、ミセル原薬(API)及び最終製剤に関する全世界における非独占的な製造権をOrient Europharma社に付与する
■膵臓がんを含め、アジア地域におけるNC-6004の開発に関しては、今後はOrient Europharma社が主体となり、同社は共同開発の立場で協力する。開発費用についてはOrient Europharma社が負担する
■Orient Europharma社は、今後、非独占製造権に対する対価として、開発、販売の段階に応じて同社に対し、総額800百万円のマイルストーンを支払う他、販売数量に応じたロイヤルティーの支払いを行う。また、同社は製造に必要な原料の供給を行い、Orient Europharma社はこれに対する対価を支払う
■Orient Europharma社への製造権付与に伴い、Orient Europharma社は台湾で医薬品製造子会社を設立して製造向上の建設を予定。同社は当該子会社に出資する

Orient Europharma社でもIRが出ています。
http://www.oep.com.tw/eng/index.aspx
http://www.oep.com.tw/cht/investor/news_release/友華與日本簽訂合作備忘錄.pdf

かなり順調に治験が進んでいると考えていいです。
何よりも医薬品製造子会社に資本参加が、今後の企業の成長にどれだけの影響が波及していくのしょうか。
日本化薬についで、パイプライン用の工場が建設されること、株主として嬉しいですね。

あなたは、何株の株主ですか?


posted by 戦うサラリーマン at 20:02| Comment(0) | NC6004 ナノプラチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。