2013年01月17日

RNA開発状況

その後の進捗を知りたいですね。

動画です。

IPSの山中教授は7回再現実験をした。
では・・・やっぱり7回の再現実験をしてくるでしょう。


ラベル:siRNA
posted by 戦うサラリーマン at 10:00| Comment(0) | がん研究 ヘッドライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月16日

東京マーケット出演 2013/01/16

今年のテーマは、グローバルです。

オンデマンド

特にアメリカが景気の回復とともに、企業の動きと投資が活発になりそうな予感。
そして円安への転換・・・私は円高が日本で生活するうえではいいと思います。
市場のリスクマネー+企業の保留マネーが日本に流れ込んでくると思っています。
アメリカの優秀な企業は、今回の不況で負債を低金利に借換えたもようです。
キャッシュリッチの企業がどのようなアクションをするかですね。

早く薬剤のプラットフォームを完成させて欲しい。

※見てないけど、ナノドラックデリバリーシステム、分子標的薬をテーマにしたドラマやってるんですね。
ラベル:ナノプラチン
posted by 戦うサラリーマン at 20:25| Comment(0) | がん研究 ヘッドライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月10日

ネイチャー掲載 Nanotechnology: Carrying drugs

Published onlineオンラインで公開 21 November 2012 2012年11月21日
Corrected onlineオンライン訂正 21 December 2012 2012年12月21日

原文ページ

翻訳ページ

片岡一則教授と、ナノキャリア(株)(柏)も紹介されています。

いよいよ薬の革命が始まる。そして世界的に認知され、より広く研究が加速されるでしょう。
癌が不治の病、死の病でなくなる日が待ち遠しいですね。そして癌以外にも様々な病から
開放してくれるでしょう。そしてナノキャリアのミセル技術は高分子の領域や触媒の領域にも
展開されると思います。

2013年まだ何もIRは出ていませんが、ナノキャリアの株価が暴騰しています。
これは円安による海外からの買いではないかと思います。

私は、薬ができるまでは数年ホールドの予定です。
持ち株は、1株だけ持っているつもりで忘れましょう。

ということで本日の利益は、3万7300円也 !!!
posted by 戦うサラリーマン at 20:48| Comment(0) | ナノキャリア 受賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月09日

NC6004 論文

どんどん学会で発表して欲しいですね。
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/cas.12079/abstract

Cisplatin;Head and neck cancer;Micelles;Sentinel lymph node;Drug delivery system
Abstract
Cisplatin (CDDP) has been a key drug for chemotherapy in patients with head and neck squamous cell carcinoma (HNSCC). Nephrotoxicity is one of its adverse reactions that are dose-limiting. To increase its antitumor effects and reduce such toxicity problems, polymeric micelles carrying CDDP (NC-6004) have been developed. This study was designed to evaluate the efficacy and safety of NC-6004 for oral squamous cell carcinoma. In vitro antitumor activity was assayed in 4 oral squamous cell carcinoma cell lines. To investigate the antitumor and nephrotoxic effects of NC-6004, nude mice bearing OSC-19 were administered NC-6004 or CDDP. The in vitro growth-inhibitory effect of NC-6004 was significantly less than that of CDDP. However, both NC-6004 and CDDP showed equivalent antitumor effects in vivo. Mice with CDDP developed renal cell apoptosis; however, those injected with NC-6004 were almost free of renal cell injury. Moreover, in an orthotopic tongue cancer model using OSC-19, NC-6004 reduced the rate of sentinel lymph node metastasis to lower than that with CDDP. In conclusion, considering the potential advantages in terms of noticeable antitumor activity, lymphatic drug delivery, and reduced nephrotoxicity, NC-6004 represents a significant structural improvement in the development of a platinum complex.
posted by 戦うサラリーマン at 10:00| Comment(2) | ナノキャリア 論文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月08日

魔法の弾丸

Yohoo掲示板から拝借〜
注目の技術ですが、なんといっても薬を送り込むのは・・・DDSしかないでしょう。

癌を特異的に死滅 国立癌研究所、分子イメージングプログラム 小林久隆医学博士

ナノテクノロジーで創る”魔法の弾丸”*片岡一則先生
(東京大学大学院工学系研究科マテリアル工学専攻 医学系研究科疾患生命工学センター)
日時:2012年11月25日(日) 15:00〜16:30

こちらのキーワードでも検索してみてください。
外部エネルギーとDDSの関係の研究が進んでいます。
「次世代DDS型悪性腫瘍治療システム」

DDSの裾野が広がってくること、治療機会と、機器開発が拡大することにより
ガンの治療が進み、いずれガンは死の病ではなくなるかもしれない。
そして通院でガンが治る時代を待望しています。
posted by 戦うサラリーマン at 20:18| Comment(0) | がん研究 ヘッドライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。