2012年08月31日

抗体医薬

低分子医薬に代わり抗体医薬がトップに?

http://www.chem-station.com/blog/2011/12/post-324.html


注目の抗体医薬ですが、タンパク質を扱うゆえの弱点があります。方法さえ確立できれば比較的安価に化学合成できる低分子医薬と異なり、抗体医薬では細胞にタンパク質を作らせてそれを精製しなければなりません。また、飲み薬にすることは難しく、痛い思いをしても注射しなければなりません。

そのため、抗体医薬は難病の治療薬にはなっても、風邪薬にはならないでしょう。しかし、新薬開発の主戦場が難病にシフトしている現状を考えると、抗体医薬の重要さはまだまだ増していくと予想されます。

制がん剤の薬剤耐性を克服するドラッグデリバリーシステム

http://www.t.u-tokyo.ac.jp/tpage/public/pdf/release_20110106.pdf



posted by 戦うサラリーマン at 19:00| Comment(0) | がん研究 ヘッドライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。