2012年09月04日

抗がん剤、アルツハイマー病に効果

抗がん剤、アルツハイマー病に効果

抗がん剤にアルツハイマー病の原因と考えられている異常なたんぱく質を減らす効果があることが、米ケース・ウエスタン・リザーブ大(オハイオ州)によるマウスの実験でわかった。10日付米科学誌サイエンスに論文が掲載された。
 アルツハイマー病は、ベータアミロイドやタウと呼ばれるたんぱく質の異常なものが、脳内の神経細胞に蓄積して起こると考えられている。
 研究チームは、この病気を発病するモデルマウスに抗がん剤のベキサロテンを投与したところ、脳内に蓄積したベータアミロイドが72時間で約半分に減少。14日間の投与で最終的に75%減っていたという。

http://www.asahi.com/science/update/0210/TKY201202090785.html

遺伝子・核酸デリバリー



posted by 戦うサラリーマン at 22:00| Comment(0) | がん研究 ヘッドライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。