2012年09月06日

放出持続型ドセタキセルDDS 製剤 特許査定

少しづつ、地殻変動のエネルギーは溜まっています。


平成24 年7 月2 日
放出持続型ドセタキセルDDS 製剤に関する物質特許が日本国にて特許査定を受けました
当社が独自開発した放出持続型ドセタキセルDDS製剤(ドセタキセルミセル製剤)に関する特許出願が、日本国特許庁から特許査定※1を受けました。本特許査定は、スーパー早期審査※2によるもので、迅速な審査により、特許取得を早期に実現する制度を利用いたしました。ドセタキセルミセル製剤に関する物質特許は本年4月に欧州で特許査定をうけましたが、これにより、欧州に続き、日本国内でも特許を確保できることになりました。
【発明の名称】 ドセタキセル高分子誘導体、並びにその製造方法及びその用途
http://pdf.irpocket.com/C4571/JA1b/swRM/KzYN.pdf



posted by 戦うサラリーマン at 22:00| Comment(0) | ナノキャリア 特許 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。