2012年11月27日

DDS 応用と特許動向

DDS技術の応用や、動向を知りたければ、やっぱり特許ですね。

DDSに興味のある人は是非、以下の資料で勉強することをおすすめします。
DDS特許動向 H23

今話題の、再生医療も、難治性のガンや病気も、検査に使用するイメージングデバイスや、
病巣に薬を集中したあとは外部機器(磁気、超音波)による薬の拡散方法、
そしてタンパク質、核酸、遺伝子、ウイルスまで幅広く展開することができます。
※私の希望はアレルギー治療、経皮からの叙法性治療。
 家族にアトピーの人がいれば、子供の苦しむ姿を何とかしてあげたいと思いますよね。

正に21世紀の新しい治療の中心にいるのがDDSであることがわかります。

株価は15万の高値から10万割れの1/3ダウン・・・ナノキャリア恒例のジェットコースター状態。
長いあいだ付き合ってきた長期投資家から見ると、綺麗な上昇にしか見えないのだけど・・・
UpDownを繰り返しながら、時価総額1000億まで行くでしょう。
資産形成のタイミングは、そのあとの分割から加速度的に駆け上る姿が目に浮かびます。


posted by 戦うサラリーマン at 23:00| Comment(0) | がん研究 ヘッドライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。