2012年11月28日

遺伝子治療とDDS 「超分子ナノデバイス製造技術の創世」

「ナノ科学を基盤とした革新的製造技術の創成」

遺伝子治療実用化のための超分子ナノデバイス製造技術の創成 
      片岡一則(H18年度採択研究代表者)
H21実績報告
H20実績報告
H19実績報告
H18実績報告

秋の夜長に、ナノデバイスの未来について勉強をしてみませんか。
21年度の報告から既に3年が経過しています。
革新的な発明や進捗があったのか楽しみですね。



posted by 戦うサラリーマン at 22:10| Comment(0) | ナノキャリア 論文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。