2013年02月28日

肺癌(非小細胞肺癌)治療の1つに維持療法

肺がんの治験開始はまだでしょうか。
この記事にあるように、維持療法こそ、DDSの活躍ステージではないでしょうか。


日経メディカルオンラインより

近年の肺癌(非小細胞肺癌)治療のトピックスの1つに維持療法があります。昨年は、多くの維持療法に関する取材を重ねました。

 従来、進行非小細胞肺癌の化学療法は、プラチナ系薬剤(シスプラチン〔商品名ランダほか〕やカルボプラチン〔商品名パラプラチンほか〕)と細胞傷害性抗癌剤(+分子標的薬)を併用した“プラチナダブレット”を4〜6コース投与した後、病勢の進行が認められるまでは経過観察し(watch and wait)、進行が認められたら二次治療を開始するという療法が主流でした。

 しかし、近年注目されている維持療法(maintenance therapy)は、まず導入療法としてプラチナダブレットを4コース行った後、プラチナ系薬剤と併用した細胞傷害性抗癌剤(+分子標的薬)のみを投与し続けていこうという治療です。導入療法を行っても病勢が進行してしまった場合は二次治療に移行しますが、そうでなければ導入療法で用いた薬剤を継続して投与し続けます。


DDSの出番に思えてなりません。


posted by 戦うサラリーマン at 09:00| Comment(0) | NC6004 ナノプラチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。