2013年02月28日

理化学研究所 世界初iPS臨床研究を申請

いよいよIPS研究が実用化に向けて動き出しました。
でも再生医療も核酸も、結局最先端医療はDDS(ドラックデリバリー)を必要とします。
DDSの研究開発も、世界中で進んでいることでしょう。


理化学研究所 世界初iPS臨床研究を申請

体のさまざまな組織になるiPS細胞を使って、病気で傷ついた目の網膜の一部を再生し、失われた患者の視力を回復させようという世界で初めての臨床研究を、理化学研究所が厚生労働省に申請しました。
審査で認められしだい、患者の選定など具体的な作業が始まる見込みで、iPS細胞を使った再生医療は、実現に向け大きく動きだすことになります。

厚生労働省に臨床研究の実施を申請したのは、理化学研究所の高橋政代プロジェクトリーダーなどの研究チームです。
今回の臨床研究は、目の網膜が傷つく難病「滲出型(しんしゅつがた)加齢黄斑変性」のため、視力が大幅に低下した患者が対象です。

詳細はこちらからどうぞ


posted by 戦うサラリーマン at 23:01| Comment(0) | がん研究 ヘッドライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。