2013年03月11日

ものづくりナノ医療イノベーションセンター

国が医療技術の開発と、規制緩和に動き始めました。
ナノキャリア(片岡プロジェクト)はその中心にいます。
医療機器も、新しい薬も、病巣に届けることができなければなりません。
特に医療機器の開発には、ナノキャリアの開発したセンサーミセルが必要不可欠です。
Yahooはこの世の中になくても生きていける人たちはた沢山いますが、
病気にかからない人は一人もいません。いずれ訪れる100億の地球市民に必要不可欠な
医療の基礎を為すのがDDSになるでしょう。

元気に最期の時を迎えるためのQOLこそ、人類の求める安らかな一生ではないでしょうか。

時代を創る、一歩ですね。

ものづくりナノ医療イノベーションセンター

国立大学法人東京大学、国立大学法人東京工業大学、学校法人東京女子医科大学、独立行政法人国立がん研究センター、公益財団法人実験動物中央研究所、富士フイルム株式会社、株式会社ニコン、ナノキャリア株式会社、神奈川県、川崎市

グローバルに進行する高齢化の中、限りある医療資源で多様化・拡大する世界の医療ニーズに対応するには、高付加価値でかつ多様な場でのアクセスが可能な均質性、経済合理性とを兼備した医療技術が求められる。本拠点は、この様な均質・高付加価値医療技術の開発と社会実装に狙いを定め、ナノテクノロジー・材料の医療展開に関する産学連携研究で高い実績を有する東京大学や富士フイルム等の提案者を中心に、京浜臨海部のものづくり企業群、川崎市の地の利を生かした羽田空港のアクセスや特区制度を活用し、世界に飛躍するナノ医療技術の国際研究ネットワークのハブ構築を通じた経済的効果を早期かつ確実に実現させる。

世界に飛躍するナノ医療技術の国際研究ネットワークのハブ構築を通じた経済的効果を早期かつ確実に実現させる。



posted by 戦うサラリーマン at 00:16| Comment(0) | がん研究 ヘッドライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。