2013年03月20日

ファンドが動く

JPMザ・ジャパンの組み入れが発表になりました。
大手ファンドがやっとナノキャリアを組み込みましたね。
時価総額1000億円超えから、順次ファンドが組み込んでくると思います。
2013/3/14
Jトラスト  7.9%
新生銀行   5.9%
レーサム   4.3%
ナノキャリア 3.6%
トーセイ   3.0%
レオパレス21 2.7%
野村ホールディングス 2.7%
栗本鉄工所 2.7%
ケネディクス 2.6%
UBIC     2.0%  

2013/1/31の組み込み比率
1位 Jトラスト    9.20%
2位 アイフル    6.20%
3位 新生銀行    4.90%
4位 レーサム    3.90%
5位 オリエントコーポレーション 3.70%
6位 レオパレス21  3.20%
7位 ケネディクス  3.00%
8位 栗本鐵工所   2.70%
9位 トーセイ    2.40%
10位 間組      2.20%

1月31日まではナノキャリアは組み込まれていませんでした。
チェック

JPMザ・ジャパンの3年チャート
JPMザジャパン.bmp

ナノキャリアの2年チャート
ナノキャリア2年.bmp


ナノキャリアを組み込んでからファンドのチャートが変わりました。
これから組み込み比率が、金融からバイオ銘柄に変わっていくことでしょう。
そして組み入れ比率のトップにナノキャリアになる予感がします。

野村・ダイワはいつ頃バイオファンドを売り出すんでしょうか。
ウィズの株は、国内ファンドかもしれませんね。

富士フィルムとの話もちらほら聞こえてきていますが、今回のIRにも
センサーミセルの記載がありましたよね。
会社からのメッセージを受け止められるか、それこそが資産家への道なのかもしれない。




posted by 戦うサラリーマン at 22:49| Comment(0) | がん研究 ヘッドライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。