2013年03月26日

特許査定 ダハプラチン誘導体ミセル(NC-4016)に関する製法

ナノキャリアのメインのパイプらしんダハプラチンの特許網が
ナノプラチンに続いて整備されつつあります。

大腸がん、直腸がん、乳がん、前立腺がんなど欧米風の食生活に関連したがんが増えているようです。
参考記事

NK105の乳がんに続いて、大腸がん、膵癌と、先進国に続き東南アジアを含む食生活の向上で
がんは増えていきます。治療後進国において、ナノキャリアのDDSはなくてはならない薬になると思います。

******************************************************
2013/3/21
ダハプラチン誘導体ミセル(NC-4016)に関する製法特許が欧州において特許査定を受けました

当社最重要パイプラインのひとつであるダハプラチン誘導体ミセル(NC-4016)の製造
方法に関する出願が欧州特許庁から特許査定を受けました。これにより、日本、米国、中
国、ロシア、オーストラリアに加え、欧州においてもNC-4016に関する製法特許を確保で
きることになりました。
【発明の名称】 ⽩⾦錯体のポリマー化配位化合物の製造方法
【出願番号】 06747299.3
【特許権者】 ナノキャリア株式会社、国⽴大学法⼈東京大学
NC-4016 は進⾏・再発大腸がんの治療薬として優れた効果を発揮する抗がん剤である
オキザリプラチンの活性体「ダハプラチン」をミセル化しており、副作用軽減および抗腫
瘍効果の増強に加え、耐性がんへの効果も動物モデルにおいて示唆されています。
NC-4016 は、世界最大規模がんセンターである米国テキサス州⽴大学 MD アンダーソ
ンがんセンターPhase I Unit での臨床試験実施を決定し、第I 相試験実施のためのIND
申請に向けた準備を進めております。


posted by 戦うサラリーマン at 08:00| Comment(2) | ナノキャリア 特許 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月03日

(欧州)センサー結合型ポリマーミセルに関する物質特許

会社からの新しいメッセージが届きました。
期待していた欧州からのメッセージです。
最近は、会社からのメッセージをどのように解釈するのか楽しみであります。

今回のキーワードはこれですね。
「製薬企業の製品ライフサイクルマネージメント戦略」

前回のナノプラチンの「最速」というキーワードこの二つを繋ぐと
どのようなメッセージになるのでしょうか。今週はその戦略の一端が公開されるかもしれません。
楽しみです。

***
センサー結合型ポリマーミセルに関する物質特許が欧州にて特許査定を受けました。
がん細胞や疾患部位を標的にしたセンサーと薬物を結合したセンサー結合型ポリマーミセ
ルに関する出願特許が、欧州において特許査定を受けました。本件は、ターゲット療法の⼀種
で、患部への到達率を⾼める新しい治療薬として注目されている概念です。本件特許は、既に
日本、カナダ、オーストラリア、中国で成⽴しており、欧州地域においても知的財産権を確保
できることになりました。
【発明の名称】 薬物内包アクティブターゲット型⾼分子ミセル、医薬組成物
【出願番号】 09803068.7
【特許権者】 ナノキャリア株式会社
本特許発明は、従来のミセル化ナノ粒子より、さらに患部への集積性を⾼め、副作用をより
軽減することが期待される新しいタイプで、アクティブターゲティングを可能とするセンサー
結合型ミセルに関する物質特許です。当社のNanoCoatレジスタードマークシステムの基本となり、自社の新薬
開発への応用のみならず製薬企業の製品ライフサイクルマネージメント戦略に適合する要素
技術
のひとつと考えております。


欧州も医療費の問題は大きな社会問題であり、特に失業率が高止まりしている2012-2013年は
社会福祉政策も大きな問題になっています。
posted by 戦うサラリーマン at 21:29| Comment(0) | ナノキャリア 特許 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月18日

NC6004 最速の開発体制の構築

アメリカと、ヨーロッパで続けて特許査定を受けました。
ナノキャリアの未来を担う位置づけです。ナノキャリアの戦略が見え隠れしてきます。
アメリカでいよいよ肺がん向けの治験開始でしょうか。ではヨーロッパでは・・・?
私は今回のIRからは、ヨーロッパからもNC6004関係の契約または治験スタートの
報告があるかもいれません。

【アメリカ】
本発明は、NC-6004と膵臓がん治療の標準治療薬であるゲムシタビンの併用による抗
がん効果に関するもので、現在実施している臨床試験における基礎的な特許の1つです。
【発明名称】 医薬組成物又は組合せ剤
【出願番号】 12/864863

【ヨーロッパ】
当社最重要パイプラインのひとつであるNC-6004 ナノプラチンレジスタードマークに関する出願につい
て、欧州特許庁から特許査定を受けました。これにより、中国に加えて、欧州地域におい
ても、NC-6004に関する特許を確保できることになりました。
【発明の名称】 シスプラチン配位化合物の液体組成物
【出願番号】 09769989.6
【特許権者】 ナノキャリア株式会社、国⽴大学法⼈東京大学
NC-6004に関連する知財保護期間をさらに延長が目的ですね。

【最重要】
既報の通り、当社最重要パイプラインに位置づけたNC-6004 は、今後、最速で開発を
進める方針
で、国内を含むアジア地域から欧米へ、さらには対象疾患の拡大などを⾏って
参ります。

posted by 戦うサラリーマン at 21:04| Comment(0) | ナノキャリア 特許 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月07日

特許査定 経皮医薬品

2012年12月25日
活性成分内包ポリマーミセル含有経皮組成物、経皮医薬品組成物
および経皮化粧品組成物

予感はしていましたが、いよいよ経皮医薬品革命も始まりました。
塩野義製薬資料より
・米国でのアトピー性皮膚炎/湿疹皮膚炎患者数 900万人/3300万人
・日本でのアトピー性皮膚炎/湿疹皮膚炎患者数 600万人/1200万人
・米国でのアトピー性疾患外用薬市場:$700M
・日本でのアトピー性疾患外用薬市場:350億円

アメリカ+日本の人口=約5億人
アジアの今後の人口は約35億以上・・・そして所得倍増、環境問題など
アレルギーを中心とする経皮治療薬は拡大していくでしょう。
早く上市して欲しいと思います。

更に化粧品市場、育毛市場、ワクチン関係と今回の特許の持つ意味は
ブロックバスター以上の意味を持つと思っています。

痒いって、苦しいんです。
posted by 戦うサラリーマン at 22:09| Comment(0) | ナノキャリア 特許 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月06日

放出持続型ドセタキセルDDS 製剤 特許査定

少しづつ、地殻変動のエネルギーは溜まっています。


平成24 年7 月2 日
放出持続型ドセタキセルDDS 製剤に関する物質特許が日本国にて特許査定を受けました
当社が独自開発した放出持続型ドセタキセルDDS製剤(ドセタキセルミセル製剤)に関する特許出願が、日本国特許庁から特許査定※1を受けました。本特許査定は、スーパー早期審査※2によるもので、迅速な審査により、特許取得を早期に実現する制度を利用いたしました。ドセタキセルミセル製剤に関する物質特許は本年4月に欧州で特許査定をうけましたが、これにより、欧州に続き、日本国内でも特許を確保できることになりました。
【発明の名称】 ドセタキセル高分子誘導体、並びにその製造方法及びその用途
http://pdf.irpocket.com/C4571/JA1b/swRM/KzYN.pdf

posted by 戦うサラリーマン at 22:00| Comment(0) | ナノキャリア 特許 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。