2013年02月27日

貸株速報 2013年3月

kakaku.com(2/22更新)

1月:1%
2月:2.5%
3月:3%

是非は問いませんが、貸株ボーナス銘柄
ガンホー:5%
ユーグレナ:3%
エニグモ:4%
ミクシー:3%

将来の株価を占う指標かもしれない・・・。


posted by 戦うサラリーマン at 20:47| Comment(0) | がん研究 ヘッドライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月25日

日本版NIH



【日本版NIH】

 大学などの研究機関が生み出す基礎的な研究開発のアイデアなどを産業界に橋渡しして、医薬品や医療機器の開発につなげる機関。米国の国立衛生研究所(NIH)が代表例。海外では類似の機関を持つ国も多いが、日本では省庁や大学、産業界の利害が対立してまだ創設されていない。

TVシンポジウム「よい薬をより早く〜治験をめぐる新たな進展〜

https://pid.nhk.or.jp/pid04/ProgramIntro/Show.do?pkey=001-20130223-31-22626

放送日時: 2013年2月23日(土)
午後2:00〜午後3:00(60分)
ジャンル: ドキュメンタリー/教養 > インタビュー・討論

新薬の開発には人に新薬候補物質を使って確認する「治験」が欠かせない。ここ数年新薬開発を進めるため体制づくりが進んできた。治験をめぐる現状と課題をみる。

【国際共同治験】
治験状況が詳しく説明されています。
リンク

ひとつの薬が製品化できるまで0.001%の確率はアステラス製薬のCMでしたね。
人種によりも適用量が違っていたり、様々な国で治験を実施することは重要です。
世界的に医薬のあり方が変わってくると思います。


posted by 戦うサラリーマン at 09:00| Comment(0) | がん研究 ヘッドライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月24日

腎性貧血治療剤「オモンティス」を自主回収

業績の影響を重要視する、大手新聞社
被害に遭われた人たちの心痛たるや、既に新聞社に心はないのかもしれない。
人の命をモノのように扱う日本の風潮が、最近怖く思います。

副作用軽減、QOL向上のDDSが世の中に求められています。
武田薬品も、DDSの重要性を戦略の中心に据えてくるかもしれませんね。
ベルケイド提携の話はどこまで進んでいるのでしょうか。


武田薬品工業は24日、米国で販売している腎性貧血治療剤「オモンティス」を自主回収すると発表した。

投与した患者が死亡するなどの重い副作用が確認されたためだ。 武田は2012年4月から、米国の製薬会社アフィマックス社(カリフォルニア州)と共同でこの薬剤の販売を始めた。これまでに透析患者を対象に2万5000人以上に投与されたという。このうち約0・2%の患者にアレルギー反応などの副作用が見られたほか、約0・02%(約5人)は死亡するなどの重い症状が確認されたという。詳細は近く発表する。

 武田の同薬剤の売上高は12年4〜12月で28億円。2013年3月期連結決算への影響は軽微としている。

(2013年2月24日18時53分 読売新聞)

posted by 戦うサラリーマン at 23:20| Comment(0) | がん研究 ヘッドライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月21日

ザ・ブレークスルー・プライズ・イン・ライフ・サイエンシズ

【シリコンバレー時事】
米インターネット検索最大手グーグルや交流サイト(SNS)最大手フェイスブックの創業者らは20日、生命科学分野で多大な功績を残した研究者を表彰する「ザ・ブレークスルー・プライズ・イン・ライフ・サイエンシズ」賞を創設したと発表した。初回として2012年のノーベル医学生理学賞を受賞した山中伸弥京都大教授を含む11人を選び、1人当たり300万ドル(約2億8100万円)の授与を決めた。(時事通信)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130221-35028551-cnn-int

3年後、片岡教授がノーベル賞とダブル受賞の予感
posted by 戦うサラリーマン at 20:22| Comment(0) | がん研究 ヘッドライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チャンス

人生には3度のチャンスが与えられている。

1.妻と出会う(子供と出会う)
2.仕事(お金)に出会う
3.満足な死に方する

私は、2のフェーズへ移行中
ナノキャリアに出会いましたから、満足いくほどの資産を
形成できた暁には、世の中のためにお金を使うことでしょう。
それは、新しい仕事につながっていきます。

そして、死ぬ(笑)

チャンスは、「生まれ、活き、死ぬ」の各節目を逃さないこと。

現物の100株ホルダーは、
3年後に世の中に貢献できる仕事、事業を立ち上げましょう。
今この時に、ナノキャリアに出会えたこと嬉しく思います。

※今の日本の閉塞感、苦しい時代です。
posted by 戦うサラリーマン at 20:16| Comment(0) | がん研究 ヘッドライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。